イージーソフト株式会社 eKeihi

50人が使う経費精算システeKeihi
2月間でモバイルアプリ対応

50人が使う経費精算システeKeihi2月間でモバイルアプリ対応

イージーソフト株式会社

名称
イージーソフト株式会社
代表取締役
山本 覇利努
設立
2000年7月7日
Web
https://www.ezsoft.co.jp/

(平成30年2月現在)

アプリの紹介

「eKeihi」は、交通費、出張費、会議費、交際費といった社内で発生する様々な経費の申請、承認、支払処理を電子化し、一元管理を実現するシステムです。これまでに518,000ユーザー、1,900社以上の企業で導入されています。「eKeihi」アプリはiOS、Androidに対応したモバイルアプリで、スマートフォンを使って外出先からも交通費精算書の入力と各種申請に対する承認などの作業を行うことができます。

Monaca採用の背景

イージーソフト株式会社が展開する「eKeihi」は1,900社以上の企業への導入実績を誇る経費精算システムです。もともとPC向けのWebアプリとして提供されていましたが、ユーザーニーズに答える形でモバイルアプリの開発プロジェクトが立ち上がりました。

本プロジェクトではモバイルアプリ開発が初めての開発チームで既存のスキルセットを活かしながら短期にiOS、Androidの2つのOSに対応したアプリを提供する必要があり、主要なクロスプラットフォーム開発ツールを比較検討した結果、Web標準技術で開発できる点や既存の社内の開発環境にうまく組み込める点などを評価してMonacaの採用にいたりました。

Monacaの導入効果

Q&A

A. K氏
イージーソフト株式会社
開発チーム 主任
A. K氏
H. K氏
イージーソフト株式会社
開発チーム
H. K氏

「eKeihi」アプリの開発を担当されたイージーソフト株式会社のA. K氏、H. K氏のお二人にお話をお聞きしました。

Q1.「eKeihi」アプリの開発背景を教えてください。

A. K氏 「eKeihi」は企業での経費申請、承認、支払処理などが行えるソフトウェアで、これまでに1,900社以上の導入実績があります。もともとPC向けのWebアプリとして提供されていたのですが、企業でのスマホ・タブレット利用が進むなかでユーザーからのモバイルアプリの要望が強くなってきました。また、お客様から要望があったため、競争力強化のためにもモバイルアプリの提供が避けられない状況にありました。

Q2.アプリの開発体制について教えてください。

A. K氏 UIデザインから開発まで全て社内で内製しました。全員モバイルアプリの開発は初めてのメンバーでしたが2ヶ月程度の短い期間でモバイルアプリのリリースまでこぎつけることができました。

Q3.アプリ開発ツールにMonacaを採用した理由を教えてください。

H. K氏 とにかく開発スピードを重視しました。Xamarinなど他のツールも一通り検討したのですが、Cordova / Monacaが最も学習コストが低く開発が立ち上げられると考え選択しました。

Cordova単体での開発も考えましたが、リリースまでのスケジュールを考えたときに開発環境の調査や準備に時間をかけたくなかったので最終的にはMonacaで開発を行うという決断をしました。

Mac無しでiOSアプリの開発、リリースができるというのも魅力的でした。

Q4.初めてのモバイルアプリ開発プロジェクトだとお聞きしましたが、Monacaでのアプリ開発は順調でしたか?

H. K氏 モバイルアプリ開発が初めてだったので、最初にハンズオンのトレーニングを受講しました。その後は書籍や公式サイトのドキュメントなどを参考に学習しながら開発を進めました。ドキュメントを見てもわからないところはMonacaの技術サポートを使ったりteratailのMonacaコミュニティにも助けてもらい、無事アプリのリリースができました。

Q5.Monacaに関する評価を教えてください。

H. K氏 Monacaを採用していなかったら、モバイルアプリ開発が初めてのチームが2ヶ月間でiOSとAndroidの両方のアプリをリリースするということは不可能だったと思います。

現在利用している慣れた開発環境でモバイルアプリ開発ができたのは助かりました。また、Cordovaのプラグインもいくつか使いましたが、GUIで選ぶだけで簡単に導入できたのもよかったです。

Q6.「eKeihi」アプリのお客様からの評価について教えてください。

A. K氏 既存ユーザーからは使い勝手が良いと好評です。スマートフォンに最適化したUIで機能提供ができるようになったのが評価されました。特に、スマートフォンのカメラで経費申請用の領収書を撮影し電子保存できる機能が喜ばれています。

また、モバイルアプリを提供できるようになってお客様の評価も上がりました。

Q7.今後の展開について教えてください。

A. K氏 現在「eKeihi」アプリで提供されている機能は「eKeihi」の基本機能だけなので、順次機能強化を行ってより使い勝手の良いものに仕上げていきたいです。例えばNFCを使って交通系ICカードを読み取り交通費申請の手間を減らす機能などの提供を考えています。

A. K氏
イージーソフト株式会社
開発チーム 主任
A. K氏
H. K氏
イージーソフト株式会社
開発チーム
H. K氏

「eKeihi」のダウンロードはこちらから

App Store Google Play

Monaca導入のご相談、お見積り、資料請求はお気軽に
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ 事例一覧に戻る